護王神社 〜足腰の守護神〜

足腰の守護神とイノシシで有名な護王神社

護王神社(ごおうじんじゃ)はイノシシにちなんだ小さな神社であり、足腰の守護神として有名です。

場所は京都御所の西側にあり、地下鉄の今出川駅丸太町駅の中間あたりに位置しています。

f:id:matsumotoyusuke:20201123173910j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123173901j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123173921j:image

境内には狛犬ならぬ狛猪(こまいのしし)がいて、いのしし神社としても親しまれています。

下にはネズミがいますが、これは私が訪れたのが2020年の子年だったからです。

ちなみに1年前の2019年は、12年に1度の亥年(いのしし年)ということで、多くの参拝者が護王神社に訪れて大混雑したそうです。

次の亥年2031年なので、その年にはまた多くの参拝者が訪れることでしょう。

f:id:matsumotoyusuke:20201123173849j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123173853j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123173906j:image

私がこの護王神社を知っていたのは、地下鉄にこの護王神社を紹介する広告ポスターがあったのを見たからです。私は京都駅に行く時に地下鉄に乗っていくことが多かったので、目に入ったそのポスターが印象的だったのでよく覚えています。

その広告には、足腰の守護神ということで、腰の御守と足の御守でそれぞれお守りが掲載されていました。ここに写真はありませんが、護王神社のお守りは足腰の守護神として人気のようなので、足腰にご加護を求める方はぜひ護王神社のお守りを手に入れてみてください。

f:id:matsumotoyusuke:20201123173858j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123173914j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123173925j:image

下鴨神社(賀茂御祖神社)世界文化遺産

f:id:matsumotoyusuke:20201123182933j:image

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、通称「下鴨神社」と呼ばれており、ユネスコ世界遺産古都京都の文化財の1つとして登録されています。

賀茂御祖神社という名前よりも、むしろ下鴨神社という名前のほうが世間に多く知れ渡っているような気がします。

また京都には「上賀茂神社」もあり、こちらも世界文化遺産に登録されています。

f:id:matsumotoyusuke:20201123182127j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123182100j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123182122j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123182939j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201123182206j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123182216j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123182213j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123182209j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201123182450j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123182454j:image

下鴨神社へ行く途中の道に、糺の森と河合神社があります。

私は河合神社を参拝して御朱印をもらってから、自然豊かな糺の森をゆっくり歩いて下鴨神社へと訪れました。

行きと帰りで糺の森を通るので心地よい参拝ができました。

 

f:id:matsumotoyusuke:20201123183430j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123182457j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201123182639j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123182642j:image
君が代に出てくるさざれ石

こちらは日本人なら誰もが知っているであろう「さざれ石」です。

どういうことかというと、国歌「君が代」の歌詞にこのさざれ石が登場するからです。

君が代は 千代に八千代に さざれ石の〜♪

私は、子供の頃に何も考えずに歌っていた君が代の「さざれ石」はこれだったのか、と理解しました。

f:id:matsumotoyusuke:20201123182711j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123182707j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201123182704j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201123182751j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123182755j:image

糺の森(+河合神社)

f:id:matsumotoyusuke:20201123183325j:image

糺の森は、京都の出町柳にある太古の自然を遺す森であり、世界文化遺産下鴨神社へ行く途中にあります。

私は下鴨神社へ参拝する前に、河合神社と糺の森を訪れました。

 

糺の森

f:id:matsumotoyusuke:20201123183307j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201123183310j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123183313j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123183321j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123183302j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123183317j:image

糺の森では、毎年夏休みのお盆に「下鴨納涼古本祭り」が開催されます。

私はずっとこの下鴨納涼古本祭りに行ってみたいと思っていました。なぜならこの下鴨納涼古本祭りは、森見登美彦の小説「夜は短し歩けよ乙女」に登場する聖地だからです。

しかし2020年の下鴨納涼古本祭りは、新型コロナウイルスの影響により開催が中止になりました。下鴨納涼古本祭りが開催されないのは残念でしたが、それでも私は糺の森に来たかったので下鴨神社の参拝と合わせてこの場所に訪れました。

f:id:matsumotoyusuke:20201123183748j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123183737j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123183744j:image

緑が多くて心地の良い場所でした。

まるで京都植物園のように自然豊かで、子ども連れの家族が楽しそうに遊んでいる様子が見られました。

f:id:matsumotoyusuke:20201123183729j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123183741j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123183733j:image

河合神社

f:id:matsumotoyusuke:20201123183904j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123183913j:image

河合神社は糺の森の入り口のほうにある神社で、私は下鴨神社に行く前に河合神社を参拝して御朱印をもらいました。

河合神社は美人祈願が有名であり、美しくなれるように鏡絵馬にお化粧(クレヨンや色鉛筆でメイクアップ)をして奉納することができる女性に人気の神社となっています。

f:id:matsumotoyusuke:20201123183900j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123183908j:image

【鴨川デルタ】アニメや映画の聖地の飛び石を一眼レフカメラで撮影してみた。

f:id:matsumotoyusuke:20201122203538j:image

鴨川デルタは鴨川の上流にある観光スポットです。

ここではアニメや映画の聖地として人気の鴨川デルタの飛び石を一眼レフカメラで撮影してみました。

場所的には出町柳にあり、最寄り駅は京阪電車出町柳駅から歩いてすぐのところにあります。 

京都の水辺を満喫できる鴨川デルタでは子ども連れの家族が多く見られ、夏には楽しそうに川遊びをしている子どもたちがたくさんいました。

f:id:matsumotoyusuke:20201122212110j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201122203524j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201122212056j:image

賀茂川と高野川が合流して鴨川になる部分にある三角州こそがこの鴨川デルタです。

この写真から見て、左側が高野川で右側が賀茂川になります。

f:id:matsumotoyusuke:20201122203538j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201122212059j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201122212301j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201122203944j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201122203543j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201122212256j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201122212304j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201122212052j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201122203534j:image

 

亀の飛び石がいくつかありました。

鴨川デルタの飛び石を手をつないで渡ってデートできたら素敵だと思います。

f:id:matsumotoyusuke:20201123175558j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123175552j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123175602j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123175605j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201123174650j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201123174618j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123174635j:image

この鴨川デルタは、アニメの聖地としても有名です。

けいおん!」や「たまこまーけっと」などの京都アニメーションの作品で登場したり、森見登美彦の「四畳半神話大系」の聖地としても人気です。

そして実写映画「ぼくは明日、昨日の君とデートする」のロケ地でもあります。

実のところ私は聖地巡礼の意味合いでこの鴨川デルタへ訪れました。

f:id:matsumotoyusuke:20201123174639j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123174626j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123174605j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123174629j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123174758j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123174646j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123174614j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123174642j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123174621j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201123181745j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123181807j:image

ちなみに京都で毎年8月16日に行われる「五山送り火」は、鴨川デルタがあるこの場所から見ることができます。

私は実際にこの場所で五山送り火を見て一眼レフカメラで撮影しました。

 

f:id:matsumotoyusuke:20201123181803j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123181753j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123181811j:image

夕方にも鴨川デルタへ訪れてみました。

暗いと一眼レフカメラで明るさを調整して撮影するのが少し難しいですが、人が少ないという点では飛び石に誰かが映り込む心配も少なかったのでなんとか写真撮影することができました。

f:id:matsumotoyusuke:20201123181742j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123181750j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123181800j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201123181757j:image

映画「君の膵臓をたべたい」聖地巡礼(伏見であい橋・旧豊郷小学校)

映画「君の膵臓をたべたい」の聖地である伏見であい橋www.youtube.com

映画「君の膵臓をたべたい」の聖地巡礼に、京都市伏見区の「伏見であい橋」と滋賀県の「旧豊郷小学校」へ行ってきました。

キミスイ」は住野よるの代表作であり、私は映画だけでなく原作の小説も読むくらい好きな作品です。

私は観ていませんが劇場版アニメーション映画もあるみたいですね。

filmarks.com

伏見であい橋

京都市伏見区にある「伏見であい橋」は、君の膵臓をたべたいの舞台でありジャケット写真にも登場する紅色の橋です。

京阪電車伏見桃山駅から「寺田屋・竜馬通り商店街」周辺を歩いてたどり着きました。

夏に行ったので桜は咲いていませんでしたが、私が行った時にはちょうど橋に誰もいなかったので写真がキレイに撮れました。

f:id:matsumotoyusuke:20201020204020j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020203922j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020203926j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204015j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204027j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020203942j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204011j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204000j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204004j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204008j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204030j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201020204033j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201020205041j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204413j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204938j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204307j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204935j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204424j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204255j:image

「君の膵臓をたべたい」は豪華キャストによって実写映画化されており、主人公は北村匠海でヒロインは浜辺美波が演じており、12年後の主人公に関しては人気俳優の小栗旬が演じています。

ここで映画が撮影されて浜辺美波小栗旬がここに来てたのか、ここに腰掛けていたのかと考えると少し不思議な感覚になりました。

この感覚を味わえるのが聖地巡礼の良さの1つでもあります。

f:id:matsumotoyusuke:20201020204403j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204509j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020205026j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204427j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201020205020j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201020204341j:image

それにしても紅色の曲線が美しい橋ですね。

この伏見であい橋は京都の橋の中でも特に穴場スポットであると言えるでしょう。

 

f:id:matsumotoyusuke:20201020205016j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204947j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204421j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020205013j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204252j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201020205538j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204359j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204302j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020205033j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204311j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204348j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020204408j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020203946j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201020203956j:image

豊郷小学校

君の膵臓をたべたいの映画の中で登場した図書館は、滋賀県にある旧豊郷小学校豊郷小学校旧校舎群)で撮影されています。

ここは他にも「僕は友達が少ない」の実写版映画や、朝の連続テレビ小説(朝ドラ)の「べっぴんさん」のロケ地としても知られています。

f:id:matsumotoyusuke:20201227212259j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212322j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212637j:imagef:id:matsumotoyusuke:20201227212231j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212316j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212236j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212201j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212216j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212154j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212240j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212206j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212244j:image

豊郷小学校には屋上がありましたが、立ち入ることはできませんでした。

窓から撮れる範囲だけで撮影しました。

君の膵臓をたべたいの実写映画でも屋上のシーンがあったので、もしかしたらあの屋上はここかもしれません。

f:id:matsumotoyusuke:20201227212250j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212333j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212150j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212312j:image

ここが君の膵臓をたべたいの映画の中で図書館として登場する場所です。

ここではグッズが販売されていたり座るところがあったりして実際のところは図書館ではありませんが、キミスイの映画を撮影するときに映画の制作スタッフがこの場所に図書館のセットを運んで人力で図書館を作ったみたいな感じのことが本に書いてありました。

f:id:matsumotoyusuke:20201227212211j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212226j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212329j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212308j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212254j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201227212304j:image

そして豊郷小学校旧校舎群は、アニメ「けいおん!」の聖地として有名です。

学校の中には、けいおんに出てくるキャラクターの写真やパネルや放課後ティータイムの活動場所である音楽室などもありました。

八坂神社(京都市東山区祇園)

京都市東山区祇園にある八坂神社

八坂神社は京都市東山区祇園町北側にある神社です。

毎年7月に行われる日本の三大祭りの一つである祇園祭は、千百年の伝統を有する八坂神社の祭礼です。

f:id:matsumotoyusuke:20201105140553j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140510j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140557j:image

私はこの日、清水寺へ行っていたので、その帰り道に八坂神社へ立ち寄りました。

そのため入ったのは有名な西楼門からではなく、円山公園のほうから八坂神社の中へ入って行きました。

 

f:id:matsumotoyusuke:20201105140503j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140437j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140423j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140550j:imagef:id:matsumotoyusuke:20210101133308j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140528j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140735j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140442j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140413p:imagef:id:matsumotoyusuke:20210101133327j:imagef:id:matsumotoyusuke:20210101133331j:image

八坂神社で人気なのが、この「芽の輪くぐり」です。

この芽の輪をくぐる時には「八の字」でくぐるというのがポイントになります。

まず第一回は輪をくぐって左に回り、第二回で右に外側から回って第三回で反対側に抜けるという流れになります。つまり八の字を描いて芽の輪をくぐるということです。

そして芽の輪をくぐる時には「蘇民将来子孫也(そみんしょうらいしそんなり)」ととなえながらくぐりましょう。

f:id:matsumotoyusuke:20210101133401j:image
f:id:matsumotoyusuke:20210101133421j:image
f:id:matsumotoyusuke:20210101133406j:image
f:id:matsumotoyusuke:20210101133315j:image
f:id:matsumotoyusuke:20210101133412j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140615j:imagef:id:matsumotoyusuke:20210101133321j:image

八坂神社へ参拝の皆様は新型コロナウイルスの感染防止のためにマスクを着用しましょう。

ということで、大国主命因幡の白兎もマスクをしていました。

f:id:matsumotoyusuke:20201105140514p:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140610j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140458j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140539p:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140454j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140420j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140506j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140601j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140546j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140427j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140605j:imagef:id:matsumotoyusuke:20210101133426j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140303p:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140532p:image

八坂神社は立地がよくて交通アクセスが良いです。

京阪電車では祇園四条駅から四条通りをまっすぐ進めば八坂神社です。

河原町阪急電車の京都河原町駅)からは四条大橋を渡って四条通りを進んでいけば八坂神社にたどり着きます。

とにかく四条通りを東にまっすぐ進めば八坂神社に着きます。

f:id:matsumotoyusuke:20201105140521p:image
f:id:matsumotoyusuke:20201105140446p:image

地主神社 〜えんむすびの神さま〜

縁結びの神さまとして有名な地主神社

地主神社清水寺の中にあり、えんむすびの神さまとして有名な神社です。

私は最初この神社のことを「じぬしじんじゃ」だと思っていましたが、正解の読み方は「じしゅじんじゃ」でした。

清水寺に来たら合わせて訪れたい縁結びスポットです。

f:id:matsumotoyusuke:20201104115109j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115211j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115103j:image

大国主命(おおくにぬしのみこと)さまは、因幡の白兎を助けた優しい神さまでみんなに幸福(しあわせ)を与えて下さいます。

f:id:matsumotoyusuke:20201104115223j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115119j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115100j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115131j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115113j:image

地主神社の名物といえば、この「恋占いの石」ですね。

恋占いの石には恋が叶う言い伝えがあります。左右にある守護石で両目を閉じたまま歩いて反対側の石にたどり着くことができれば恋の願いが叶うと言われています。

一度でたどり着くことができれば願いも早くかない、できなければ願いがかなうのも遅れるそうです。またその時に周りの人からアドバイスを受けると、願いを成就するのにも人の助けがいるということになるみたいです。

この恋占いの石は縁結びとして有名ですが、実際のところは人が多くてこの中を両目を閉じて歩くというのはなかなか難しいものがあります。これをやっている時に人にぶつかって気まずくなった人がいたという話も聞いたことがあるので、目を閉じて歩く時はくれぐれも注意してください。

f:id:matsumotoyusuke:20201104115158j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115201j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115137j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115106j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115154j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115227j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115205j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115219j:image

地主神社の隙間から清水寺が見えました。

f:id:matsumotoyusuke:20201104115123j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115134j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115208j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115049j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115127j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115052j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115055j:image

地主神社は良縁祈願や縁結びの神さまとして有名ですが、他にも商売繁盛や家内安全などの幸福をもたらす神さまがいて多くのご利益がある縁起の良い神社でもあります。

f:id:matsumotoyusuke:20201104115145j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115043j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115230j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115116j:image
f:id:matsumotoyusuke:20201104115140j:image